診療案内

様々な診療を確実に安全に行います

翔歯科医院では患者様とご相談の上、最適な治療を行うよう心掛けております。
また全ての治療において細心の注意を払い、まずは患者様に安心して頂ける環境をつくりたいと考えています。
例えば海外ではスタンダードですが、日本の歯医者ではあまり見ることがない「ラバーダム防湿法」をとりいれ、細菌感染のリスクを徹底して減らすことに努めています。
診療において、どんなご要望も可能な限りお応えいたします。

虫歯治療

虫歯治療

虫歯に感染した歯は、自然治癒はいたしません。
感染した歯を切削器具を用いて削除し、合成樹脂や金属といったもので埋めていきます。

当院では、MI(Minimum Intervention、最小限の侵襲による虫歯治療)の考え方に基づいて、治療を行います。
具体的には、虫歯を染め出すことのできる液体を用いて、染色しその部分のみを選択的に切削を行います。

保険の範囲でも、できるだけ白い歯を提供できるよう心がけております。場合によっては金属でないと治療が難しいところもあります。

歯の根の治療

歯内治療(歯の根の治療)

歯内治療とは、歯の内部の神経まで虫歯感染が進行した歯について行う、歯科治療です。
歯の内部は本来は感染物はないのですが、歯に虫歯等により穴があくと感染を起こして痛み出します。
このような状態になった場合は、歯の神経をとって内部をきれいにし、代わりの材料にて封鎖する必要がでてまいります。

歯内治療は、歯の中をきれいにすることが重要になります。しかし、治療中に唾液の中の細菌が感染を起こしてしまう場合があります。

当院ではそのようなケースをなくすため、歯にゴムシートをかけて治療部位のみを明示し、唾液等が入ってこない状態で治療を行います。
このような治療法のことをラバーダム防湿法といいます。ラバーダム防湿を使うことは欧米では必須の処置となりますが、日本で実施している医院は全国でも数%しかないと言われています。

当院においては、根管治療を行うときには原則的にラバーダム防湿を行いますので、安心して治療を受けていただけたらと思います。
状況によってごくまれに、行わない場合もあります。(患者様がなにかしらの理由で、拒否される場合は相談させていただきます)。

 

歯周病治療

歯周病治療

歯周病とは、歯の周りに細菌が停滞し、歯の周りの組織に感染をおこし、壊していく病気です。
日本人の成人8割の方が感染しているという報告もあります。

歯の周りに停滞した汚れ(プラーク)は時間が経過すると、硬く変化し日々の歯ブラシでは除去できない「歯石」になります。
当院では、硬くなった歯石の除去や、細菌が停滞しにくいお口の中の環境づくりのお手伝いをさせていただきたいと思っております。

歯周病治療は特に、患者様のご協力(日々の歯ブラシコントロール)が必要となる治療のため、よろしくお願いいたします。

歯周病は口臭の原因ともなるため、日々の歯ブラシはとても重要だと思われます。

 

入れ歯治療

入れ歯治療

歯周病や虫歯などでなくなってしまった歯の部位に対して、行う治療のひとつになります。
歯が全部なくなってしまった場合に、使用される入れ歯を総入れ歯1本でも歯が残っている場合に使用される入れ歯を、部分入れ歯といいます。

部分入れ歯では残っている歯に、金属の針金(クラスプ)をかけるため、やや目立つ場合があります。そのような場合に目立たなくする方法(ノンクラスプデンチャー)もありますので、ご相談ください。
なお、ノンクラスプデンチャーについては保険適応外になりますので、よろしくお願いいたします。

審美治療

審美治療

審美治療とは、保険診療ではカバーしきれない美しさの追及、治療方法及び材料を使用した治療をさします。
具体例としては、色彩の再現性や、歯の修復物の適合性、金属アレルギーに対する配慮等があげられます。
それぞれの治療によって様々な方法があり、保険治療との違いについても細かい点等がありますので、詳細についてはご相談ください。

 

インプラント治療

インプラント治療

インプラント治療とは、何らかの理由で欠損してしまった歯に対して、骨のなかに金属の支柱を埋入しそれを土台として歯を再度作成する治療になります。

インプラント治療は保険適応外になりますので、よろしくお願いいたします。
骨の状態、全身の状態等により治療が困難なケースもあります。

当院ではインプラント治療は提携先クリニックにて行っております。詳細についてはご相談ください。